安さが一番! 格安の名刺印刷業者ランキング!

トップ > コラム > 名刺印刷をするときには相手を印象付けるデザインを

名刺印刷をするときには相手を印象付けるデザインを

 名刺交換は、ほとんどの場合初対面の方同士が行う時に必要になります。そのためお互いを認知し合うという本来の目的以外にも、自分の印象が一気に決まってしまうことがある点には十分に留意しなければなりません。
 名刺交換の印象で、取引が成立するかしないか、また相談事などが解決するか否かが左右される可能性もあります。
 たかが名刺と考えずにデザインにも自分のこだわりを盛り込んで作成できると良い印象を与えられるかもしれません。


 名刺印刷は、最近ではとても手軽にできるようになりました。業者に頼んでも自分で作っても簡単に作ることが出来ます。
 インターネットで業者に頼む場合にも、必要な事項を入力して既存のテンプレートに挿入していくだけでも十分にオリジナルの名刺を作ることが出来るようになっています。相手が、名刺を受け取った時に、殺風景でモノクロでただ名前と会社名が書いてあるものを手渡された場合と、人と違う名刺を頂いたときとでは印象度も変わります。
 また渡す方法一つにおいても自分の名刺を確認してから相手に見えるよう回す時、時計回りに綺麗に回すことで相手に印象づけることができます。相手の分身でもある名刺を、両手で大事に受け取ることは言うまでもありません。
 そしてその際には一言感謝の言葉を添えることで、相手に好印象を与えることができます。ちょっとした些細なやり取りと心遣いで相手との距離を縮め印象をよくすることも出来るのでないがしろには出来ません。
 また基本的なことですが、相手の目を見て名刺を渡すことは大切です。相手に自分を印象付けることができます。名刺に自分の似顔絵や写真や風景などを入れるなどの工夫を取り入れれば、目がとまり自然に話題となり、印象深くもなる効果も得られます。社員の顔写真を載せている名刺は分かりやすいというメリットはありますが、顔写真のないものが必要な時もありますので、できれば、顔写真無しのものと二種類用意しておく方が良いかもしれません。


 また、仕事の上で名刺交換を行う場合は、相手の差し出した名刺より自分の名刺の高さを下にして差し出すのがマナーです。
 また、自分が先に受け取るのではなく、相手が受け取ってから自分が受け取るようにしましょう。相手の名刺が丁寧に扱わないといけない大事なものであることは勿論ですが、自分の名刺も大事です。
 できれば気の利いたセンスの良い入れ物からスマートに取り出したものを相手に差し出したすと好印象です。名刺をズボンの後ろポケットから取り出すなどは絶対にあってはなりません。気をつけましょう。

カテゴリー

▲ ページトップへ